南東北グループの挑戦 渡邉一夫のロマンと命をかけた半生


 

「南東北グループの挑戦 渡邉一夫のロマンと命をかけた半生」が現代書林 より出版されています。(2012/8/2)

「すべては患者さんのために」掲げた医療理念をいかに具現化してきたのか? 一医師の人生から見えてくる医療の未来。
病院関係者、必読の一冊。

toukouline

著者略歴
渡邉一夫(わたなべ・かずお)
福島県、宮城県、青森県の東北3県を基盤として東京・川崎にも病院・診療所・介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・身体障害者療護施設などの施設を展開する南東北グループ理事長。医学博士。福島県須賀川市出身。1971年福島県立医科大学医学部卒業。1973年秋田大学文部教官助手、1979年高知市長尾病院脳神経外科部長、1981年南東北脳神経外科病院院長。1984年財団法人脳神経疾患研究所理事長、同南東北病院院長、メディコンパスクラブ理事長

 

関連記事

資料のご請求
ダイジェストページ
提供サービス
会員様の声
経営者の健康管理
提携医療施設
提携病院見学
ページ上部へ戻る