会報誌15号特集は新百合ヶ丘総合病院名誉院長 堀智勝 先生です

 

メディコンパスクラブ会報第15号は脳神経外科医の堀智勝(ほり・ともかつ)先生特集号です。
東京クリニックでの診療終了時間にお邪魔して取材をさせて頂きました。

堀智勝先生は、新百合ヶ丘総合病院名誉院長。東京女子医大教授を長く務められ、当クラブ発足にあたっては、当初より理事にご就任頂いております。

脳神経外科医 福島孝徳名誉理事長とは、東京大学医学部以来の盟友でもあり、わが国における脳神経外科の発展に力を尽くしてこられました。

堀先生はてんかん治療の権威であるだけでなく、脳神経外科医としてマッピングの手法などを用いた脳腫瘍手術に多大な貢献を果たしてこられました。現在は、高齢化社会の進行とともに一層の増加が予測される血管性の認知症治療にも力を入れておられます。

また、新百合ヶ丘総合病院においては、第4世代サイバーナイフや超音波集束装置の導入をはじめとして、新百合ヶ丘総合病院を世界的な脳腫瘍治療のメッカとするべく、力をつくしておられます。ご一読頂ければ幸いです。

誌面では、皆様にメディコンパスクラブをご理解いただくために「メディコンパスクラブ」の概要をまとめた記事も掲載させて頂いております。

この機会に提携医療グループ・南東北病院グループの特長などにつきましてもご理解頂ければ幸いです。




〉ドクターズインタビュー 一覧

関連記事

資料のご請求
ダイジェストページ
提供サービス
会員様の声
経営者の健康管理
提携医療施設
提携病院見学
ページ上部へ戻る