理事長ご挨拶

理事長ご挨拶
 

2007年は私どもにとって新しい一歩を踏み出す記念すべき年となりました。会員制のメディカル&ウェルネスクラブ「メディコンパスクラブ」の設立です。
ご案内の通り、昨今では、『メタボリックシンドローム』への警鐘を通して、食事や運動といった生活習慣の改善を求める動きが高まっております。
また、がん・心疾患・脳卒中といった日本人の死因上位を占める『三大成人病』においては、早期にこれを発見し、重篤な事態に到る前に早期治療することの重要性が強く指摘されています。
言い換えれば、健康な毎日を維持するためには、自分自身の健康は自分で守るという『セルフケア』の視点が欠かせないのです。
ところが、多忙な毎日において、健康への充分な配慮を自分や家族だけで行うことには、やはり限界があります。

そのため、海外では健康をサポートしてくれる専門のパートナーを求めることが、社会的責任の重い方たちにとっては常識ともなっているのです。
日本においても、すでに同種のクラブがいくつか作られてまいりました。けれども、何よりも大切なものは、クラブの核をなすべき検診と医療の質にほかなりません。

健康を維持するためには、やはり最先端の医療機器による精度の高い検査と専門医のサポートが不可欠です。メディコンパスクラブが提供するのは、まさに、こうした予防医学と臨床の実践に裏づけられた最高の安心なのです。

1981年の病院開設以来、南東北グループでは、救急医療、高度先進医療、福祉、予防医学を積極的に推進してまいりました。特にがん、心臓病、脳卒中という三大成人病の克服には力を注ぎ、その中でも日本人の死因第一位である『がん』の撲滅へ向けた医療には、積極的な取り組みを進めております。そのひとつが、2008年10月にオープンした「南東北がん陽子線治療センター」です。これによって、私たちは日本のがん医療の中心的役割を担っていく決意です。

メディコンパスクラブでは、PET(ペット)をはじめとするがんドックや、脳ドック、心臓ドックはもとより、口腔歯科ドックや、女性の方にはレディースドックなどもご利用頂けます。

さらに、各専門分野で日本を代表するベストドクターたちが、会員の皆様一人ひとりに直接向き合い、治療の面でもサポートをいたしてまいります。その医療的信頼は、他に例のないものと言えるでしょう。私たちは海外からの受け入れも含めた世界水準の医療と検診の質の高いサービスを実現してまいりたいと考えております。

2012年8月には首都圏における拠点として小田急線沿線新百合ヶ丘に「新百合ヶ丘総合病院」が開院の運びとなりました。JR東京駅前の診療の羅針盤「東京クリニック」とともに、快適な入院機能を備えた高機能総合病院として、質の高い医療サービスの提供に努めてまいる所存です。

とりわけ首都圏におけるメディコンパスクラブ会員の皆様にはPET-CTがんドックを「新百合ヶ丘総合病院」でも受診可能となり、また、サイバーナイフや手術支援ロボットda Vinci(ダヴィンチ)を駆使した低侵襲治療など、がんを治療する選択肢も飛躍的に広がりました。

私たちは、皆様の「もしも」のときに備え、世界的な視野で最も有効と考えられる医療を確立していきたいと考えております。

何卒、メディコンパスクラブ設立に込めた私どもの理念へのご理解と、当グループに対するご指導・ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

資料のご請求
提携病院見学
会員様の声
経営者の健康管理
提携医療施設
提供サービス
ページ上部へ戻る