からだにやさしい脳・脳神経・脊髄疾患のサイバーナイフ治療
症状の回復と機能の温存を目指して


[新刊のご案内]2018年11月15日発売

サイバーナイフによる「定位放射線治療の世界的権威」である宮﨑紳一郎医師と、「神の手を持つ男」と呼ばれる世界トップの脳神経外科医、福島孝徳医師の手による、がん治療シリーズ第5弾!
脳・脳神経は他の組織と異なり、細胞が再生しない組織といわれています。したがって、治療にあたりできるだけ傷つけず失わないことが求められます。また脳・脳神経に発生する腫瘍の約半数は良性腫瘍とされ、転移することなくゆっくりと体積を増していく特徴があります。したがって、この増大を阻止することが治療の目的となります。

脳や脳神経を傷つけないピンポイントの定位放射線による治療例を、12の脳神経順に収録!

渡邉一夫/堀 智勝 監修
宮﨑紳一郎/福島孝徳 著


著者略歴(宮崎 紳一郎)
1978年順天堂大学医学部卒業。新百合ヶ丘総合病院放射線治療科サイバーナイフ診療部部長。12年前より定位放射線治療に専従し、2012年8月からの治療例は7,700例に上る。
著者略歴(福島 孝徳)
1968年東京大学医学部卒業。カロライナ頭蓋底手術センター所長、デューク大学脳神経外科教授。「神の手を持つ男」と呼ばれる世界トップの脳神経外科医。

※宮﨑紳一郎ドクターは、メディコンパスクラブが提携する新百合ヶ丘総合病院の放射線治療科サイバーナイフ治療部部長を務めています。


〈目次〉
第1章 脳・脳神経の仕組みと働き
(脳の構造とその機能
 脳神経の構造とその機能
 脳神経へのサイバーナイフ治療)
第2章 脳・脳神経のサイバーナイフ治療
(嗅神経にかかる治療
 視神経と脳下垂体にかかる治療
 動眼神経・滑車神経・三叉神経・外転神経にかかる治療 ほか)
第3章 脳神経以外のサイバーナイフ治療
(脊椎・脊髄にかかる治療
 脳動静脈奇形の治療
 転移性脳腫瘍の治療 ほか)


Amazonからのご購入はこちらから