メディコンパスクラブ会報第28号は、南東北がん陽子線治療センターのセンター長を務める村上昌雄先生を特集させて頂きました。

村上昌雄先生は日本における粒子線治療の第一人者で、前任地の兵庫県立粒子線医療センターでは、陽子線と重粒子線両方の治療に取り組んでこられました。
南東北がん陽子線治療センター着任後は、陽子線治療単独施設では難しい動注化学療法との併用や、外科との連携治療など独自の取り組みも積極的に進めながら、がん治療の前進に力を注いでいます。

前立腺がんにも公的保険が拡大され、陽子線治療はがん治療の最初の選択肢として検討される時代を迎えました。
いざというときに備え、陽子線治療とはどのようなものか、また、どのようながんに有効か、ぜひともご一読頂けますようお願い申し上げます。

◎メディコンパス28号 CONTENTS コンテンツ
医療セミナー&懇親会 in 新百合ヶ丘
メディコンパスクラブ医療セミナー

クラシック演奏と懇親ランチの集い
2019年2月16日(土)新百合ヶ丘 ホテルモリノ7F
◎ 講演「現代の栄養医学療法について」薬は対症療法、栄養は根本治療
新百合ヶ丘総合病院 消化器内科 科長/予防医学センター 消化器内科 部長
袴 田  拓 先生 Dr. Taku Hakamada