「新百合ヶ丘総合病院」医療健康 動画チャンネルから
新百合ヶ丘総合病院 呼吸器センターセンター長/呼吸器外科 統括部長 小田 誠 先生の動画講演です。


【内容紹介】
(再生時間 14:43)
日本人男性のがん死亡原因のトップである肺がん。肺がん手術は、通常10日あまりの入院が必要とされますが、当院では、2018年よりロボット手術によって1泊2日の肺がん手術が可能となりました。(手術翌日に80%の方が退院されています。)
入院期間の短縮は、肺炎の併発など術後の合併症発生を抑え、良好な術後経過をとるうえでとても重要です。
それを可能にしたのが、より精緻な動きができるダビンチXIによるロボット手術と術後早期の歩行と飲食の開始です。
今回は、当院での肺がん手術の様子や、当院での取り組みについてご紹介いたします。

  1. オープニング
  2. 肺がん
  3. 肺がん手術での入院期間
  4. 長いこと入院していたらダメなの?入院期間短縮の利点
  5. 肺癌手術で亡くなった患者さん270例の原因
  6. 手術翌日退院への取り組み
  7. ロボット手術(ダビンチXi)の特徴
  8. 当院でのロボット手術の様子(動画)
  9. ダビンチが折鶴を折る、お米に文字や絵を描く動画
  10. 当院でのロボット手術と在院日数
  11. さいごに

 
 
[動画]医療健康情報一覧

動画による医療健康に関する情報は、メディコンパスクラブの「LINE公式アカウント」でも配信しております。
「LINE」お友だち登録をよろしくお願いします。
以下の「友だち追加」ボタンを押すと、メディコンパスクラブのLINE公式ページへ遷移します。
 
友だち追加